公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

季節の花(東京都薬用植物園)

オケラ

(キク科)

 

撮影日 2021-09-27 見頃!

植物のある場所 ロックガーデン他

丘陵や山地の草原ないし林床の、乾いた場所に生育する多年草です。春の芽生えを山菜として賞味することもあります。
「うけら」(宇家良)の名で万葉集にも登場し、古より日本人に親しまれてきた植物です。
秋に咲く頭花は筒状花のみからなり白色、ときにピンク色を帯び、頭花を囲む総苞片が魚の骨状に羽状全裂することが本属の特徴です。
【生薬名】ビャクジュツ(白朮)
【薬用部分】根茎
【用途】漢方処方用薬:健胃、整腸、利尿、止瀉(四君子湯、苓桂朮甘湯ほか)
【成分】精油:セスキテルペノイド(アトラクチロン)他

新常用和漢薬集「ビャクジュツ」

 オケラ 一覧  キク科 一覧 

和名検索        

▲このページの最上部へ