公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

薬草観察会

令和2年度のイベントはコロナウイルス感染拡大防止のため中止となっている場合があります。最新のイベント情報をご確認ください。

自然の中で薬用植物や生薬に親しみ学ぶ場として、毎年原則2回、春(4または5月)および秋(10月)に実施しています。 薬用植物や生薬を広く啓発する主旨により、当協会の会員・会員外の方とも区別なくご参加いただけます。
観察会場は郊外の山野や、都市部での緑の多い公園、植物園など毎回異なり、10-20名程度のグループ分けをして観察します。 各グループでは当協会の学術委員が講師となって、植物を紹介するとともに参加者からの質問にお答えしています。

  • 山路にてグループ観察

  • アケビ(生薬名モクツウ)の花
    野生の姿を知ることで、薬用植物への理解も深まります。

  • 公園等、安全が確保できる場合は
    小雨決行の場合もあります

  • 2019年4月 青梅丘陵

▲このページの最上部へ