公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

季節の花(東京都薬用植物園)

オオバナオケラ

(キク科)

 

撮影日 2021-09-11 見頃!

植物のある場所 漢方薬原料植物区

日本薬局方では、ビャクジュツ(白朮)の基原植物として、日本に自生するオケラと、中国原産の本種オオバナオケラの2種を規定しています。基原を明示する場合は、本種由来のものをカラビャクジュツ(唐白朮)、オケラ由来のものをワビャクジュツ(和白朮)と称します。
オオバナオケラは名のとおり頭状花序が大きく直径3-4cmに達し、色は紅紫色です。
【生薬名】ビャクジュツ(白朮)
【薬用部分】根茎
【用途】漢方処方用薬:健胃、整腸、利尿、止瀉(四君子湯、苓桂朮甘湯ほか)
【成分】精油:セスキテルペノイド(アトラクチロン)他
【原産地】中国

新常用和漢薬集「ビャクジュツ」

 オオバナオケラ 一覧  キク科 一覧 

和名検索        

▲このページの最上部へ