公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

季節の花(東京都薬用植物園)

スイフヨウ

(アオイ科)

 

撮影日 2021-10-02 見頃!

植物のある場所 温室脇

ピンクや白色の花をつけるフヨウの一品種で、朝の開花時は白い花が、時間とともに淡紅色へ変化する特徴があります。
漢字で「酔芙蓉」と書かれ、色変わりの様子を、酒酔いが回って顔が紅潮するさまになぞらえた名前です。一般に八重咲きのものが庭木用などに普及しています。また一重咲きのものもあり、当園ではこちらを植栽しています。
色変化のメカニズムは、開花後の花弁でアントシアニン(色素)の生合成が進むためといわれ、その進行速度は気温に依存します。暑い日は昼頃までには濃いピンク色となりますが、秋になって涼しくなると、夕方でも淡く「ほろ酔い」程度の色づきになります。
【原産地】中国大陸中部

 スイフヨウ 一覧  アオイ科 一覧 

和名検索        

▲このページの最上部へ