公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

季節の花(東京都薬用植物園)

ツリガネニンジン

(キキョウ科)

 

撮影日 2022-08-06 見頃!

植物のある場所 ロックガーデンほか

平地の川の土手などの草地から、丘陵や山地の草原・湿原や林縁など、幅広い標高および環境に生育します。
釣鐘状の花冠が細長いものや広いもの、花色の濃淡など、個体差があります。
野菜のニンジン(セリ科)ともオタネニンジン(ウコギ科)とも分類上離れた植物ですが、根が肥厚して太くなる様子がオタネニンジンに若干似ていることから「ニンジン」の名が付いたと考えられます。
春の芽生えを「トトキ」と称し、山菜として食用にもします。
立秋(2022年は8月7日)を迎え、ロックガーデンで咲き出したツリガネニンジンの背後にはススキも出穂し、植物園には秋の風情も漂い始めました。
【別名】トトキ
【生薬名】シャジン(沙参)
【薬用部分】根
【用途】鎮咳・去痰
【分布】日本全国

 ツリガネニンジン 一覧  キキョウ科 一覧 

和名検索        

▲このページの最上部へ