公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

季節の花(東京都薬用植物園)

フシグロセンノウ

(ナデシコ科)

 

撮影日 2021-07-19 見頃!

植物のある場所 温室裏・林地

本州から九州の山地の林縁などに生育する多年草です。
花は直径4-6cmと大きく、日本の野草では比較的少ない朱赤色で、薄暗い林にあってもよく目立つ存在です。
「フシグロ」(節黒)は、茎の各節が黒色を帯びるという意味ですが、必ずしも顕著でない場合もあります。センノウはこの植物が京都嵯峨の仙翁寺で見出されたためとの説が知られています。

 フシグロセンノウ 一覧  ナデシコ科 一覧 

和名検索        

▲このページの最上部へ