公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

季節の花(東京都薬用植物園)

トウキ

(セリ科)

 

撮影日 2022-06-14 見頃!

植物のある場所 漢方薬原料植物区

日本薬局方に規定されるトウキは日本原産で、ミヤマトウキ(イワテトウキ)あるいはツクバトウキが栽培化されたとみられています。花はセリ科を特徴づける複散形花序です。
なお、生薬生産用のトウキ畑では、薬用部分の根を充実させるために花を咲かせないように栽培しますので、トウキの花を観察できるのは薬用植物園ならではです。

【生薬名】トウキ(当帰)
【薬用部分】根
【用途】漢方処方用薬:生理異常、貧血、冷え症の処方に配合(当帰芍薬散ほか)
【成分】精油(リグスティライドなど)
【原産地】日本

新常用和漢薬集「トウキ」

 トウキ 一覧  セリ科 一覧 

和名検索        

▲このページの最上部へ