公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

季節の花(東京都薬用植物園)

チョウマメ

(マメ科)

 

撮影日 2020-08-25 見頃!

植物のある場所 温室前(鉢)

つる性の多年草で、非耐寒性のため日本では一年草として栽培されます。
花はマメ科に特徴的な蝶形花ですが、多くのマメ科植物とは逆向きに、旗弁(大きい花びら)を下にして開花するのが特徴的です。
英名のバタフライ・ピーの名でも知られます。花の青い色素は飲料(ハーブティー)や菓子などを青く着色する天然色素としても用いられ、乾燥した花が売られています。
【原産地】熱帯アジア

 チョウマメ 一覧  マメ科 一覧 

和名検索        

▲このページの最上部へ