公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

季節の花(東京都薬用植物園)

イブキジャコウソウ

(シソ科)

 

撮影日 2022-05-19 見頃!

植物のある場所 染料香料植物区ほか

気温の低い日があったためか、例年よりもやや遅れて開花が始まりました。
高さ10-20cmほどの草本状の匍匐性小低木で、茎・葉には芳香があります。
「イブキ」は、滋賀県・岐阜県にまたがる伊吹山に由来しますが、他の山の岩がちな場所にも広く分布し、ときには海岸の岩場にも生育します。
ハーブとして有名な「タイム」(タチジャコウソウ)と同属の植物で、日本に自生する唯一のタイムの仲間です。
【別名】ヒャクリコウ(百里香)
【利用部分】茎・葉
【用途】入浴剤など
【成分】精油(チモール等)
【分布】日本(北海道、本州、九州)、朝鮮半島、中国北部

 イブキジャコウソウ 一覧  シソ科 一覧 

和名検索        

▲このページの最上部へ