公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

季節の花(東京都薬用植物園)

ナンテン

(メギ科)

 

撮影日 2020-12-14 見頃!

植物のある場所 有用樹木区

関東地方から中国大陸の暖帯にかけて分布する常緑低木です。温暖な地域の明るい樹林などで見られますが、国内のものは植栽由来の逸出野生化も多いため、本来の自生かどうかは定かでありません。
冬になると果実が赤く熟し、この果実には鎮咳作用があります。太陽光や霜の当たる場所では果実と同時に紅葉もみられます。常緑樹であり、紅葉した葉も落葉せずに翌年春になると緑色に戻ります。
果実がほぼ白色で紅葉もしない品種「シロミナンテン」があり、生薬として珍重されますが、紅白どちらも薬効に差はありません。のど飴などの食品への利用もあります。
【生薬名】ナンテンジツ(南天実)
【薬用部位】果実
【用途】鎮咳薬として民間で喘息や百日咳に用いる
【成分】アルカロイド類(ドメスチン、ナンジニン)など、種子には脂肪油など

新常用和漢薬集「ナンテンジツ」

 ナンテン 一覧  メギ科 一覧 

和名検索        

▲このページの最上部へ