公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

季節の花(東京都薬用植物園)

イヌショウマ

(キンポウゲ科)

 

撮影日 2020-10-05 見頃!

植物のある場所 ロックガーデン

山地の林内、山道の路傍などに生育する多年草です。
生薬「ショウマ」の基原植物であるサラシナショウマと同属で、見た目も似ていますが別種です。花柄が短く、花序軸に花がほぼ直接つくこと、根生葉が2回三出複葉(小型の個体では1回三出複葉)でサラシナショウマよりも小葉の数が少ないことで区別できます。本種は薬用・食用としないことからイヌとついたようです。当園では、サラシナショウマよりも若干早く咲き出します。
【分布】本州中部(東北~近畿)太平洋側

 イヌショウマ 一覧  キンポウゲ科 一覧 

和名検索        

▲このページの最上部へ