公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

季節の花(東京都薬用植物園)

リョウリギク

(キク科)

 

撮影日 2020-11-16 見頃!

植物のある場所 民間薬原料植物区ほか

キク品種の花は概ねどれも食べることができますが、それらのうち苦味が穏やか、かつ香りが良好で、食用目的で栽培されるキクの品種群があり、リョウリギク(料理菊)あるいは食用菊と呼ばれています。多くは花弁が管状で食感にすぐれることも特徴と言えます。
黄色の品種「金唐松」「阿房宮」や、桃紫色の「延命楽」(通称「もってのほか」)など、東北地方で多くの品種が発達しました。
なお、食用を目的とせず観賞用として栽培・流通しているキクについては、用いている農薬等の種類が違いますので、それをそのまま食用とすることは避けましょう。
【利用部分】頭花
【用途】食用(酢の物、和え物、天ぷらなど)
【原産地】中国

 リョウリギク 一覧  キク科 一覧 

和名検索        

▲このページの最上部へ