公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

季節の花(東京都薬用植物園)

ムラサキセンブリ

(リンドウ科)

準絶滅危惧(NT)

 

撮影日 2020-11-04 見頃!

植物のある場所 外国植物区ほか(*)

わが国の主に中部地方以西に分布する二年草です。例年よりもやや遅れて開花が始まりました。
昭和20年頃の日本薬局方(第5改正)ではセンブリとともに生薬センブリ(当薬)の基原植物でしたが、苦味成分が少なく市場性も薄いため、その後除外されています。
野生のムラサキセンブリは自生地の開発などにより減少し、準絶滅危惧種に指定されています。
花はセンブリよりも大きく青紫色が鮮やかで、イブニングスターの流通名で切花などの観賞用花卉としても栽培されています。
(*)本種は日本の植物ですが、外国植物区の樹林下での生育が良好なため、外国植物区にて栽培しています。開花中は近くに立ち入って観察いただけます。
【分布】日本(本州関東ないし中部地方以西、四国、九州)

 ムラサキセンブリ 一覧  リンドウ科 一覧 

和名検索        

▲このページの最上部へ