公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

季節の花(東京都薬用植物園)

ニチニチソウ

(キョウチクトウ科)

有毒植物

 

撮影日 2022-01-05 見頃!

植物のある場所 温室

夏から秋の草花として親しまれるニチニチソウが、冬も温室で咲き続けています。
このニチニチソウは、抗がん剤原料としてビンクリスチン等のアルカロイドの抽出に用いられる系統です。
原産地マダガスカルでは木化する多年草ないし低木であり、温室で栽培すると周年開花します。
【成分】インドールアルカロイド(ビンクリスチン、ビンブラスチン)
【用途】抗がん剤として悪性リンパ腫などの治療に用いられる
【原産地】マダガスカル島

 ニチニチソウ 一覧  キョウチクトウ科 一覧 

和名検索        

▲このページの最上部へ