公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

季節の花(東京都薬用植物園)

セツブンソウ

(キンポウゲ科)

有毒植物準絶滅危惧(NT)

 

撮影日 2024-01-27 見頃!

植物のある場所 ロックガーデン、林地

節分を待たずに、ロックガーデンのセツブンソウが開花しました。今冬の暖冬傾向が、植物の様子からも伺えます。
セツブンソウは日本特産で、関東以西に分布します。山地の木陰などに生育し、とくに石灰岩質の土を好む多年草です。
開花時の草丈は5cmほど、いっぱいに開いた花径が2cmほどの小型の植物です。通常5枚の、白い花弁状に見えるものは萼片で、真の花弁はその内側に並ぶ、小さな黄色の蜜腺(蜜槽)に変化しています。よく見るとY字状に二股となり、先端に2個の蜜槽をつけています。
かわいらしい花に似つかず(?)、同じキンポウゲ科のトリカブトと共通する毒成分を含んでいます。
早春に開花したセツブンソウは、3-4月には早くも結実、種子散布し、5月には地上部が枯れ、来春までの長い休眠期間に入る生活型をもっており、代表的な早春植物(スプリング・エフェメラル)として知られます。
【有毒成分】アルカロイド(アコニチン)など
【分布】本州関東地方以西

 セツブンソウ 一覧  キンポウゲ科 一覧 

和名検索        

▲このページの最上部へ