公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

新常用和漢薬集

名称
ビワヨウ (枇杷葉)
第十七改正日本薬局方 収載
英名 Loquat Leaf 生薬ラテン名 ERIOBOTRYAE FOLIUM
ビワヨウ
生薬名:ビワヨウ
ビワ
植物名:ビワ
基原 ビワ Eriobotrya japonica Lindley(Rosaceae バラ科)の葉
調製 採集は通年行われ、採集後、日干しする。
産地 日本、中国(広東、広西、江蘇、浙江省など)
性状 長楕円形~広ひ針形で長さ12~30cm、幅4~9cm、先端はとがり、基部はくさび形で短い葉柄を付け、辺縁には粗いきょ歯がある。ときに、短径5 ~ 10 mm、長径数cmの短冊状に切裁されている。
上面は緑色~緑褐色を呈し、下面は淡緑褐色で、淡褐色の綿毛を残存する。葉脈部は淡黄褐色を呈し、下面に突出している。
わずかににおいがあり、味はほとんどない。
成分 トリテルペノイド:ursolic acid,oleanolic acid
精油:nerolidol,α-pinene
その他:糖類,タンニン
選品 若い木から採った、極めて大きい葉で、緑色を帯びた新しいものほど良い。
適応 抗炎症・抗菌作用があり、鎮咳・去痰・利尿・健胃薬として、長びく咳、暑気あたり、浮腫などに用いる。
漢方
処方例

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)
構成生薬のうち、枇杷葉・梔子辛夷の組み合わせにより、鼻炎・鼻茸などで生じる鼻づまりを改善する。

貯法 密閉容器
備考 民間薬として皮膚炎やあせもに対し、あぶったものをそのまま患部にあてたり、煎じた汁を湿布したり、浴剤として用いる。

情報更新日 2020/05/14

▲このページの最上部へ