公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

新常用和漢薬集

名称
シンイ (辛夷)
第十七改正日本薬局方 収載
英名 Magnolia Flower 生薬ラテン名 MAGNOLIAE FLOS
シンイ
生薬名:シンイ
コブシ
植物名:コブシ
基原 タムシバ Magnolia salicifolia Maximowicz, コブシ Magnolia kobus De Candolle,Magnolia biondii Pampanini, Magnolia sprengeri Pampanini 又はハクモクレン Magnolia heptapeta Dandy(Magnolia denudata Desrousseaux)(Magnoliaceae モクレン科)のつぼみである。
調製 蕾(つぼみ)がまだ開かない早春に摘み取り、枝柄を切り取って、乾燥する。
産地 中国(河南、湖北、安徽、浙江、陜西、四川)、日本
性状 紡錘形を呈し、長さ 15 ~ 45 mm、中央の径 6 ~ 20 mm、基部にしばしば木質の花柄をつける。ほう葉は通常3枚で、外面には毛がまばらにあって褐色~暗褐色を呈するか、又は密毛があって灰白色~淡黄褐色を呈し、内面は平滑で暗褐色を呈す。内部に9枚又は12枚の花被片があり、花被片は同形又は外側の3枚が小さい。雄ずいは50 ~ 100本あり、雌ずいも多数ある。質はもろい。
特有のにおいがあり、味は辛くて、やや苦い。
成分 精油: β-pinene、limonene、methyl eugenol、fanchone
リグナン: magnoshinin、magnosalin、frangesin、demethoxyaschantin、aschantin、pinoresinol dimethyl ether、magnolin、liroresinol-B dimethyl ether、biondinin A,B,E
ケイヒ酸誘導体: biondinin C,D
アルカロイド: d-coclaurine、reticuline、liriodenine、yuzirine、N-methyl coclaurine
選品 灰褐色絹様の光沢があり、柔らかい毛を密生し、蕾開かず、花梗のすくないもので、砕けば芳香を発する乾燥した新しいものが良い。
適応 漢方処方用薬:発散・排膿作用があり、頭痛・頭重をともなう鼻炎・蓄膿症などを治療する薬方に配合される。
漢方
処方例

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)
構成生薬のうち、辛夷・川芎の組み合わせにより、鼻づまりや鼻炎、頭痛を改善する。

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)
構成生薬のうち、辛夷・梔子黄芩の組み合わせにより、慢性鼻炎や蓄膿症の頭痛・鼻づまりを改善する。

貯法 密閉容器

情報更新日 2020/05/14

▲このページの最上部へ