公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

新常用和漢薬集

名称
ウイキョウ (茴香)
第十七改正日本薬局方 収載
英名 Fennel 生薬ラテン名 FOENICULI FRUCTUS
ウイキョウ
生薬名:ウイキョウ
ウイキョウ
植物名:ウイキョウ
基原 ウイキョウ Foeniculum vulgare Miller (Umbelliferae セリ科)の果実
調製 9月ごろ、果実が黄色く熟す少し前に果軸ごと採集し、日干しにしてから乾燥後、果実を集める。
産地 中国(内蒙古、山西など)、日本(長野、鳥取など)
性状 双懸果で長円柱形を呈し、長さ 3.5 ~ 8 mm、幅 1 ~ 2.5 mm である。外面は灰黄緑色~灰黄色で、互いに密接する2個の分果の各々には5本の隆起線がある。双懸果はしばしば長さ 2 ~ 10 mm の果柄を付ける。
特異なにおい及び味がある。
成分 精油:anethole、estragole、d-limonene、l-limonene、dl-limonene 、d-fenchone、α-pinene、
β-pinene、camphor、γ-terpinene、p-cymene、
その他:anisaldehyde
選品 肥大していて、粒がそろい、黄緑色を帯び、芳香が強く、やや甘みがあるものが良い。
適応 芳香性健胃・駆風・去痰作用があり、製剤として、用いられる。
漢方処方用薬:理気作用があり、腹部の膨満感や痛みを改善し、健胃を期待する薬方に配合される。
漢方
処方例

安中散(あんちゅうさん)
構成生薬のうち、茴香、延胡策縮砂の組み合わせにより、食欲不振、膨満感、腹痛を改善する。

丁香柿蒂湯(ちょうこうしていとう)
構成生薬のうち、茴香、丁子(丁香)の組み合わせにより、しゃっくりを止める。

貯法 密閉容器

情報更新日 2017/03/21

▲このページの最上部へ