公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

新常用和漢薬集

名称
シュクシャ (縮砂)
第十七改正日本薬局方 収載
英名 Amomum Seed 生薬ラテン名 AMOMI SEMEN
シュクシャ
生薬名:シュクシャ
 

(写真準備中)

 
植物名:Amomum villosum Loureiro var. xanthioides T. L. Wu & S. J. Chen
基原 Amomum villosum Loureiro var. xanthioides T. L. Wu & S. J. Chen、Amomum villosum Loureiro var. villosum 又は Amomum longiligulare T. L. Wu (Zingiberaceae ショウガ科)の種子の塊。
調製 はじけていない成熟果実を採取し、乾燥後、果皮を取り除く。
産地 ベトナム、タイ、カンボジア、ラオス、インド、ミャンマー、中国(広東、雲南省、広西壮族自治区)など
性状 ほぼ球形又は楕円球形を呈し、長さ1 ~ 1.5 cm、径0.8 ~ 1 cm、外面は灰褐色~暗褐色を呈し、石灰を散布して乾燥したものは白粉を付けている。種子塊は薄い膜で3部に分かれ、各部には仮種皮によって接合する10 ~ 20粒の種子がある。種子は多角形の粒状で、長さ0.3 ~ 0.5 cm、径約0.3 cm、外面には暗褐色で多数の細かい突起があり、質は堅い。種子を背線に沿って縦断し、ルーペ視するとき、切面は細長く、へそは深くくぼみ、合点はややくぼんでいる。周乳は白色で、淡黄色の内乳及び胚を包み、胚は細長い。
砕くとき特異な芳香があり、味は辛い。
成分 モノテルペノイド:d-borneol、bornyl acetate、linalol、d-camphor、nerolidol
選品 完熟充実し、芳香が強いものが良品である。
適応 漢方処方用薬:健胃、整腸作用があり、上腹部痛や消化不良を改善する薬方に配合される。
生薬製剤:芳香性健胃剤として用いられる。
漢方
処方例

香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)、香砂平胃散(こうしゃへいいさん)、香砂養胃湯(こうしゃよういとう)、分消湯(ぶんしょうとう)
構成生薬のうち、縮砂、香附子の組み合わせにより、上腹部痛や消化不良を改善する。

安中散(あんちゅうさん)
構成生薬のうち、縮砂、良姜の組み合わせにより、冷えによる胃痛に用いる。

参苓白朮散(じんれいびゃくじゅつさん)
構成生薬のうち、縮砂、人参白朮茯苓の組み合わせにより、慢性の胃腸虚弱で下痢の続く時に服用する。

貯法 密閉容器
備考 第17改正日本薬局方 第二追補において、基原植物の学名記載に修正があった。

情報更新日 2020/05/14

▲このページの最上部へ