公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

新常用和漢薬集

名称
ゴボウシ (牛蒡子)
第十七改正日本薬局方 収載
英名 Burdock Fruit 生薬ラテン名 ARCTII FRUCTUS
ゴボウシ
生薬名:ゴボウシ
ゴボウ
植物名:ゴボウ
基原 ゴボウ Arctium lappa Linné (Compositae キク科)の果実
調製 夏から秋に成熟した果実を天日でよく乾燥し、種子を取り出し、さらに天日で十分に乾燥させる。
産地 中国(吉林、遼寧、黒竜江、浙江)
性状 やや湾曲した倒長卵形のそう果で、長さ 5 ~ 7 mm、幅 2.0 ~ 3.2 mm、厚さ 0.8 ~ 1.5 mm、外面は灰褐色~褐色で、黒色の点がある。幅広い一端は径約 1 mm のくぼみがあり、他端は細まり平たんで不明瞭な縦の稜線がある。100粒の質量は 1.0 ~ 1.5 g である。
ほとんどにおいがなく、味は苦く油様である。
成分 リグナン:arctiin、arctigenin、matairesinol、lappaol、neoarctin A、B
ステロール:daucosterol
選品 良く成熟し、質が重く、新しいものが良い。
適応 漢方処方用薬:解熱・解毒・去痰・鎮咳作用があり、風邪や皮膚病に使われる薬方に配合される。
漢方
処方例

駆風解毒散(湯)柴胡清肝湯消風散
構成生薬のうち、牛蒡子・連翹の組み合わせにより、腫痛、できもの、潰瘍を治す。

貯法 密閉容器
備考 名医別録に「悪実(あくじつ)」の名称で収載され、「目を明らかにし、中を補し、風傷を除く」とある。

情報更新日 2017/03/01

▲このページの最上部へ