公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

新常用和漢薬集

名称
レンギョウ (連翹)
第十七改正日本薬局方 収載
英名 Forsythia Fruit 生薬ラテン名 FORSYTHIAE FRUCTUS
レンギョウ
生薬名:レンギョウ
レンギョウ
植物名:レンギョウ
基原 レンギョウForsythia suspensa Vahl (Oleaceae モクセイ科)の果実
調製 成熟した果実を秋に採集し、乾燥する。
産地 中国(山西・河南・陜西・山東・河北・甘粛・湖北・四川省など)で栽培。
性状 さく果で、卵円形~長卵円形を呈し、長さ1.5 ~ 2.5 cm、幅0.5 ~ 1 cmである。先端はとがり、基部に果柄を残存するものがある。外面は淡褐色~暗褐色で淡灰色の小隆起点が散在し、2本の縦溝がある。縦溝に沿って裂開したものは先端がそり返る。裂開した果皮の内面は黄褐色で、中央に隔壁がある。種子は細長い長楕円形で、長さ0.5 ~ 0.7 cm 、通例、翼がある。
弱いにおいがあり、味は僅かに苦い。
成分 トリテルペノイド:oleanolic acid
リグナン:arctigenin
リグナン配糖体:arctiin
その他:カフェー酸配糖体など
選品 新鮮で、大きくて果皮が厚く、香気が強いものが良い。
適応 漢方処方用薬:消炎性利尿・排膿作用があり、皮膚疾患に用いる薬方に配合される。
漢方
処方例

荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)、清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
構成生薬のうち、連翹、荊芥防風桔梗の組み合わせで、湿疹、かゆみなどの皮膚疾患に用いる。

貯法 密閉容器
備考 第17改正日本薬局方において基原植物がレンギョウ1種に限定された。

情報更新日 2020/05/14

▲このページの最上部へ