公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

新常用和漢薬集

名称
テンマ (天麻)
第十七改正日本薬局方 収載
英名 Gastrodia Tuber 生薬ラテン名 GASTRODIA TUBER
テンマ
生薬名:テンマ
オニノヤガラ
植物名:オニノヤガラ
基原 オニノヤガラ Gastrodia elata Blume (Orchidaceae ラン科)の塊茎を湯通し又は蒸したもの。
調製 収穫後、重さ別に分けて、芯まで蒸した後、加熱乾燥する。7割程度乾燥した時、加圧成形し、更に加熱乾燥する。
産地 中国
性状 不整にやや湾曲した偏円柱形~偏紡錘形を呈し、長さ5 - 15cm、幅2 - 5cm、厚さ1 - 2cmである。外面は淡黄褐色~淡黄白色を呈し、輪節及び不規則な縦じわがある。質は堅い。折面は暗褐色~黄褐色で艶があり、角質様でにかわ状を呈する。
特異なにおいがあり、味はほとんどない。
成分 フェノール系化合物:vanillin、vanillyl alcohol、gastrodin、4-hydroxybenzyl alcohol、4-hydroxybenzyl aldehyde、parishin B、parishin C
選品 重質で充実。光沢があり堅いものが良い。
適応 漢方処方用薬:鎮痙・鎮暈・止痒作用があり、めまい、痒み、痙れんなどを期待する薬方に配合される。
漢方
処方例

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)
構成生薬のうち天麻、半夏陳皮茯苓の組み合わせにより、めまいを改善する。

貯法 密閉容器
備考 第17改正日本薬局方 第二追補において、基原について「湯通し又は」が追記された。

情報更新日 2020/05/14

▲このページの最上部へ