公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

目的・理念

目的

公益社団法人東京生薬協会は、昭和28年の設立以来、優良生薬の確保とその普及振興を図り、生薬業界の発展向上とあわせて国民の健康と保健衛生の向上に寄与し、公共の福祉に貢献することを目的に活動を続けています。

現況

令和2年6月18日現在の会員数は 134名。製薬会社、生薬卸売会社を中心に、薬局、個人など当協会の目的趣旨に賛同された方々によって構成されています。

公益社団法人東京生薬協会が行う事業

公益社団法人東京生薬協会は、前記の目的を達成するため、日本全国において次の事業を実施しています。

(1) 生薬、薬用植物等の普及啓発に関わる事業
(2) 生薬、薬用植物等の栽培・育成等に関わる事業
(3) 生薬資源等の基原・品質・薬理等の調査研究に関わる事業
(4) 生薬、薬用植物等に携わる人材の育成に関わる事業
(5) その他この法人の目的を達成するために必要な事業

 

事業の具体的内容については、事業概要および「事業」の各ページをご参照ください。

また、事業計画のページにも各年度の資料を保存しています。

▲このページの最上部へ