公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

新常用和漢薬集

名称
サンキライ (山帰来)
第十七改正日本薬局方 収載
英名 Smilax Rhizome 生薬ラテン名 SMILACIS RHIZOMA
サンキライ
生薬名:サンキライ
ケナシサルトリイバラ
植物名:ケナシサルトリイバラ
基原 Smilax glabra Roxburgh (Liliaceae ユリ科)の塊茎である。
調製 秋頃に塊茎を掘り起こし、ひげ根などを取り除き、水洗後、乾燥する。
産地 中国(広東、湖南、広西省など)
性状 扁圧された不整円柱形を呈し、しばしば結節状に分枝し、通例、長さ5 ~ 15 cm、径2 ~ 5 cm である。外面は帯灰黄褐色~黄褐色で、上面のところどころにこぶ状の茎の残基がある。横切面は不整楕円形~鈍三角形を呈し、類白色~帯赤白色で、皮層は極めて薄く、ほとんど中心柱からなる。
わずかににおいがあり、味はほとんどない。
成分 主としてデンプン、微量のサポニン
選品 外皮が褐色で、内部は白色で少し淡紅色を帯び、柔らかくて軽くよく肥厚したものがよい。
適応 去湿、清熱、清血、解毒作用があり、梅毒や皮膚炎などの治療に用いられた。
漢方
処方例

香川解毒剤
〈構成生薬〉山帰来、川芎、木通、茯苓、忍冬、大黄、甘草
〈応用〉梅毒による諸症状、諸皮膚疾患、淋病

貯法 密閉容器
備考 中華人民共和国薬典では「土茯苓」の名称で収載されている。基原植物は和名として「ケナシサルトリイバラ」、「ナメラサンキライ」と呼ばれることがある。

情報更新日 2019/05/09

▲このページの最上部へ