公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

新常用和漢薬集

名称
サフラン (蕃紅花  別字:西紅花)
第十七改正日本薬局方 収載
英名 Saffron 生薬ラテン名 CROCUS
サフラン
生薬名:サフラン
サフラン
植物名:サフラン
基原 サフラン Crocus sativus Linné(Iridaceae アヤメ科)の柱頭。
調製 開花時に柱頭を採取し、乾燥する。
産地 日本(大分、熊本、鳥取、佐賀)、イラン、スペイン、フランス、イタリアなど
性状 細いひも状で、暗黄赤色~赤褐色を呈し、長さ1.5~3.5cm、3分枝するかまたは分離し、分枝する一端は広がり、他方は次第に細まる。 強い特異なにおいがあり、味は苦く、唾だ液を黄色に染める。
成分 カルチノイド系黄色色素:crocin
苦味配糖体:picrocrocin
芳香精油成分:safranal
選品 色鮮やかにして、黄色部の少ないものが良品である。
適応 ヨーロッパでは健胃・鎮静・通経薬。中国では生理を誘発し、生理痛や慢性の子宮の出血を軽減し、消化不良や腹痛に用いられる。日本の民間では生理痛・生理不順に単味で使用される。
漢方
処方例

貯法 遮光して密閉容器
備考 生薬製剤としては、他の婦人薬と共に配合される。
サフランの漢字は「蕃紅花」、「西紅花」を用いる。

情報更新日 2017/03/01

▲このページの最上部へ