公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

新常用和漢薬集

名称
ゴミシ (五味子)
第十七改正日本薬局方 収載
英名 Schisandra Fruit 生薬ラテン名 SCHISANDRAE FRUCTUS
ゴミシ
生薬名:ゴミシ
チョウセンゴミシ
植物名:チョウセンゴミシ
基原 チョウセンゴミシSchisandra chinensis Baillon (Schisandraceae マツブサ科)の果実である。
調製 果実が脱落する前の10~11月頃、良く熟した果実を採取、果柄及び葉などを良く取り去って、陽干する。
産地 中国(遼寧、吉林、黒竜江、河北)、韓国
性状 不規則な球形~扁球形を呈し、径約6 mmである。外面は暗赤色~黒褐色でしわがあり、また、ときに白い粉を付ける。種子は腎臓形を呈し、外面は黄褐色~暗赤褐色で、艶があり、背面に明らかな背線を認める。外種皮はたやすく剥がれるが、内種皮は胚乳に密着する。
弱いにおい及び酸味があり、後に渋くて苦い。
成分 dibenzocyc1ooctadiene骨格のリグナン(種子油から):schizandrin、deoxyschizandrin
リグナン系化合物(果実から): gomisin A ~ F
セスキテルペン類(果実精油から): (+)-ylangene、sesquicarene
その他:arginineなど
選品 外面は紫黒色で潤いがあり、味はやや甘く、酸味があるもが良い。
適応 漢方処方用薬:収斂性鎮咳作用を期待して、気管支炎、ぜんそくなどを治療する薬方に、また抗疲労、強壮の薬方に配合される。
漢方
処方例

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)、厚朴麻黄湯(こうぼくまおうとう)
構成生薬のうち五味子、乾姜、麻黄、細辛との組み合わせで、熱性の喘息、咳嗽を改善する薬方に配合される。

苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)、清肺湯(せいはいとう)
構成生薬のうち五味子、乾姜、杏仁、甘草との組み合わせで、虚証の喘息、咳嗽を改善する。

人参養栄湯(にんじんえいようとう)
構成生薬のうち五味子、人参の組み合わせで、大病後や高齢者の発汗過多、脱水症状を改善する。

貯法 密閉容器

情報更新日 2017/03/01

▲このページの最上部へ