公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

新常用和漢薬集

名称
ゴマ (胡麻)
第十七改正日本薬局方 収載
英名 Sesame 生薬ラテン名 SESAMI SEMEN
ゴマ
生薬名:ゴマ
ゴマ
植物名:ゴマ
基原 ゴマ Sesamum indicum Linné(Pedaliaceae ゴマ科)の種子
調製 ゴマの生育量によって、5~15株を束ね、乾燥したら、脱粒する。
産地 ミャンマー、中国など
性状 卵形~へら形を呈し、長さ 3~4 mm、幅約 2 mm、厚さ約 1 mmである。外面は暗褐色~黒色を呈し、まれに淡褐色~褐色のものも認められる。ルーペ視するとき、縁に細い稜が認められる。本品100粒の質量は 0.2 ~ 0.3 gである。
においがなく、味は僅かに甘く、やや油様である。 
成分 リグナン類:sesamin, sesamolin, episesamin, sesamol, sesamolinol
脂肪酸類:linoleic acid, oleic acid
選品 充実して光沢のある重いものが良品である。
適応 滋養強壮作用があり、虚弱体質、産後の回復に内服する。
漢方
処方例

消風散(しょうふうさん)
構成生薬のうち、胡麻・当帰・地黄の組み合わせにより、乾燥性の皮膚のかゆみに配合する。

貯法 密閉容器
備考 ゴマ油を軟膏(紫雲膏、中黄膏など)の基剤とする。

情報更新日 2020/04/27

▲このページの最上部へ