公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

新常用和漢薬集

名称
クコシ (枸杞子)
第十七改正日本薬局方 収載
英名 Lycium Fruit 生薬ラテン名 LYCII FRUCTUS
クコシ
生薬名:クコシ
クコ
植物名:クコ
基原 クコLycium chinense Miller又はLycium barbarum Linné (Solanaceae ナス科)の果実である。
調製 紅熟した果実を収穫し、速やかに乾燥する。
産地 中国で栽培。Lycium barbarum Linné は主に甘粛省、寧夏回族・内蒙古・新疆ウイグル自治区など、L. chinense Miller は主に河北・山西省など。
性状 先のとがった紡錘形を呈し、長さ6 ~ 20 mm、径3 ~ 8 mm、果皮は赤色~暗赤色を呈し、表面に粗いしわがある。横切面をルーペ視するとき果実は2室に分かれ、内部に淡褐色~淡黄褐色で径約2 mmの扁平な腎臓形の多数の種子がある。
特異なにおいがあり、味は甘く、後わずかに苦い。
成分 アミノ酸類:betaine
カロチノイド類:zeaxanthin(果皮の紅色色素)、 physalien
その他:β-sitosterol、linoleic acid 、vitamin B1,B2,C、 cinnamic acidなど
選品 完熟していて、黄色く赤みがかったもので、黒く変色していないものが良い。
適応 民間薬:滋養強壮作用があり、料理やクコ酒に用いられている。
漢方
処方例

貯法 防湿保存
備考 中国市場ではLycium barbarum、日本および韓国ではLycium chinense由来のクコが多い。

情報更新日 2017/03/01

▲このページの最上部へ