公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

新常用和漢薬集

名称
キクカ (菊花)
第十七改正日本薬局方 収載
別名  キッカ
英名 Chrysanthemum Flower 生薬ラテン名 CHRYSANTHEMI FLOS
キクカ
生薬名:キクカ
キク
植物名:キク
基原 キク Chrysanthemum morifolium Ramatulle 又はシマカンギク Chrysanthemum indicum Linné(Compositae キク科)の頭花
調製 10月下旬の花の満開期に採集するが、加工法は各産地により異なる。
主にシマカンギクは野生品、キクは栽培品を用いる。
産地 中国(安徽、浙江、河南、湖南など)
性状 キク Chrysanthemum morifolium に由来 径15 ~ 40 mmの花頭で、総ほうは3 ~ 4 列の総ほう片からなり、総ほうにはしばしば柄を伴う。総ほう外片は線形~ひ針形、内片は狭卵形~卵形を呈する。舌状花は多数で、類白色~黄色、管状花は少数で淡黄褐色を呈し、ときに退化して欠くことがある。総ほうの外面は緑褐色~褐色を呈する。質は軽く、砕きやすい。
特有のにおいがあり、味は僅かに苦い。
シマカンギク Chrysanthemum indicum に由来 径3 ~ 10 mmの花頭で、総ほうは3 ~ 5 列の総ほう片からなり、総ほうにはしばしば柄を伴う。総ほう外片は線形~ひ針形、内片は狭卵形~卵形を呈する。舌状花は一輪で、黄色~淡黄褐色、管状花は多数で淡黄褐色を呈する。総ほうの外面は黄褐色~褐色を呈する。質は軽く、砕きやすい。
特有のにおいがあり、味は僅かに苦い。
成分 セスキテルペン:chrysantherol、chrysanthetriol、chrysanthemol、indicumenone、handelin、
kikkanol A,B,C,D,E,F
フラボノイド:apigenin、apigenin-7-glucoside
精油:camphor、trans-carane-trans-2-ol、bornyl acetate、sabinene
選品 芳香があり、あまり苦くない新しいものが良い。
適応 漢方処方用薬:解熱・鎮痛・鎮静・明目作用があり、眼疾患・精神疾患を改善する薬方に配合される。
漢方
処方例

釣藤散(ちょうとうさん)
構成生薬のうち、菊花・釣藤鉤の組み合わせにより、高血圧症やイライラしやすい人の頭痛・頭重感を改善する。

清上蠲痛湯(せいじょうけんつうとう)
構成生薬のうち、菊花・川芎・白芷・羌活・独活・防風の組み合わせにより、各種の頭痛に用いる。また蔓荊子との組み合わせにより、目からの頭痛にも効果がある。

杞菊地黄丸・明眼一方・洗肝明目湯・桑菊飲

貯法 密閉容器
備考 第17改正日本薬局方 第二追補で性状について「総ほうにはしばしば柄を伴う」が追加された。
シマカンギクの頭花は中国では野菊花として取り扱われている。

情報更新日 2020/05/14

▲このページの最上部へ