公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

新常用和漢薬集

名称
ガイヨウ (艾葉)
第十七改正日本薬局方 収載
英名 Artemisia Leaf 生薬ラテン名 ARTEMISIAE FOLIUM
ガイヨウ
生薬名:ガイヨウ
ヨモギ
植物名:ヨモギ
基原 ヨモギ Artemisia princeps Pampanini、オオヨモギ Artemisia montana Pampanini (Compositae キク科)の葉及び枝先。
調製 夏の開花前に葉を採取して日干しする。
産地 日本
性状 縮んだ葉及びその破片からなり、しばしば細い茎を含む。葉の上面は暗緑色を呈し、下面は灰白色の綿毛を密生する。水に浸して広げると、形の整った葉身は長さ4 ~ 15 cm、幅4 ~ 12 cm、1 ~ 2回羽状中裂又は羽状深裂する。
裂片は2 ~ 4対で、長楕円状ひ針形又は長楕円形で鋭尖頭、ときに鈍頭、辺縁は不揃いに切れ込むか全縁である。小型の葉は3中裂又は全縁で、ひ針形を呈する。特異なにおいがあり、味はやや苦い。
成分 クマリン類:umbellferone, scopoletin
精油:cineole, α-thujone
カフェ酸誘導体:caffeoylquinic acid, chlorogenic acid 
選品 葉は質柔らかく、緑色で裏が白く、なるべく新しいものがよい。
適応 漢方処方用薬:収れん・止血・鎮痙作用があり、月経痛・腹痛・吐瀉を改善する薬方に配合される。
漢方
処方例

芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)
構成生薬のうち艾葉と当帰、川芎、阿膠の組み合わせで、冷えによる腹痛・月経痛、子宮出血、血尿、肛門出血などの諸出血を治す。

貯法 密閉容器
備考 第17改正日本薬局方 第二追補で、性状における鏡検に関する記載が削除された。
チョウセンヨモギ Artemisia argyiと区別する。
基原植物は灸に使う「もぐさ」の製造原料にする。

情報更新日 2020/05/14

▲このページの最上部へ