公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

新常用和漢薬集

名称
モッカ (木瓜)
日本薬局方外生薬規格2018 収載
英名 Chaenomeles Fruit 生薬ラテン名 CHAENOMELIS FRUCTUS
モッカ
生薬名:モッカ
カリン、ボケ
植物名:カリン、ボケ
基原 1) カリン Chaenomeles sinensis Koehne の偽果(光皮モッカ) 又は 2) ボケ Chaenomeles speciosa Nakai(Rosaceae バラ科)の偽果(皺皮モッカ)。
調製 秋~初冬に成熟果実を採取し、通例縦に二つ割り、ときに横切りして乾燥する。
産地 日本、中国
性状 1) 光皮モッカ:
楕円体~卵形体を、通例、縦割りした形を呈し、長さ 6.5~10cm、幅 3.5~5.0cm、しばしば横切したものもある。外面は赤褐色~暗褐色を呈し、果肉の断面は赤褐色~黄褐色で顆粒状の斑点がある。
果肉の厚さは 1~2cm で、内部には隔壁があり、これに多数の種子が付くか、又はしばしば脱落して中空となる。種子は扁平なほぼしずく形で、長さ 0.5~1.0 cm、幅 0.2~0.5 cm、堅く、暗褐色を呈する。
特異なにおいがあり、酸味があり収れん性である。
2) 皺皮モッカ(しわかわモッカ、しゅうひモッカ)
楕円体~卵形体を、通例、縦割りした形を呈し、長さ 4~9 cm、幅 2~5 cm、しばしば横切したものもある。外面は赤紫色~赤橙色を呈し、不規則な深い皺がある。果肉の断面は赤褐色~黄褐色で辺縁が縮んで内側に巻く。
内部には隔壁があり、これに多数の種子が付くか、又はしばしば脱落して中空となる。種子は扁平な三角形で、長さ 0.5~1.0 cm、 幅 0.2~0.5 cm、堅く、暗褐色を呈する。
特異なにおいがあり、酸味があり収れん性である。
成分 有機酸:malic acid, tartaric acid, citric acid
サポニン、タンニン
選品 果肉部が厚く充実し、赤褐色を帯びて酸味があるもの。
適応 舒筋・活絡・止瀉・利水作用があり、脚気、関節痛・心不全・腎不全によるむくみなどを治療する薬方に配合される。
漢方
処方例

鶏鳴散加茯苓(けいめいさんかぶくりょう)
構成生薬のうち、木瓜・檳榔子・橘皮の組み合わせにより、脚気で下肢だるく、むくみを改善する。

貯法 密閉容器
備考 日本ではカリンの成熟果実を用いるが、中国ではボケの成熟果実を用い、カリンの成熟果実を光皮木瓜(榠樝:めいさ)として区別する。
民間では砂糖煮・果実酒などに製して、咳止めに使用する。

情報更新日 2020/04/27

▲このページの最上部へ