公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

新常用和漢薬集

名称
ボウイ (防已)
第十七改正日本薬局方 収載
英名 Sinomenium Stem and Rhizome 生薬ラテン名 SINOMENI CAULIS ET RHIZOMA
ボウイ
生薬名:ボウイ
オオツヅラフジ
植物名:オオツヅラフジ
基原 オオツヅラフジ Sinomenium acutum Rehder et Wilson (Menispermaceae ツヅラフジ科)のつる性の茎及び根茎を、通例、横切したものである。
調製 主としてつる性の茎を採取し、輪切りにして日干しする。
産地 日本(徳島、高知、長野、宮崎、鹿児島)
性状 円形又は楕円形の切片で、厚さ 0.2 ~ 0.4 cm、径 1 ~ 4.5 cm である。両切面の皮部は淡褐色~暗褐色を呈し、木部は灰褐色の道管部と暗褐色の放射組織とが交互に放射状に配列する。側面は暗灰色で、縦溝といぼ状突起がある。
ほとんどにおいがなく、味は苦い。
成分 アルカロイド:sinomenine、disinomenine、sinactine、tuduranine、acutumine、sinoacutine、N-demethyl-N-formyldehydronuciferine、magnoflorine
選品 切面の菊花状紋理がはっきりしていて、暗色を呈し、味の苦いものが良い。
適応 漢方処方用薬:利水・鎮痛作用があり、神経痛、リュウマチ、関節炎、浮腫を改善する薬方に配合される。
漢方
処方例

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)・防已茯苓湯(ぼういぶくりょうとう)
構成生薬のうち、防已・茯苓・白朮の組み合わせにより、利尿作用が増加し、浮腫を除く。

独活湯(どくかつとう)
構成生薬のうち、防已・独活の組み合わせにより、腰痛を改善する。

疎経活血湯(そけいかっけつとう)
構成生薬のうち、防已・桃仁・芍薬の組み合わせにより、座骨や下肢の神経痛を改善する。

貯法 密閉容器

情報更新日 2017/03/03

▲このページの最上部へ