公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

新常用和漢薬集

名称
トウガシ (冬瓜子)
第十七改正日本薬局方 収載
英名 Benincasa Seed 生薬ラテン名 BENINCASAE SEMEN
トウガシ
生薬名:トウガシ
トウガン
植物名:トウガン
基原 1) トウガン Benincasa cerifera Savi 又は 2) Benincasa cerifera Savi forma emarginata K.Kimura et Sugiyama (Cucurbitaceae ウリ科)の種子
調製 種子を日干しする。
産地 中国各地(四川、浙江、江蘇、河南、安徽省)
性状 1) Benincasa cerifera に由来:扁平な卵形~卵円形を呈し、長さ10~13 mm、幅6~7 mm、厚さ約2 mm、一端はややとがり、へそ及び発芽口の部分が2個の小突起となっている。表面は淡灰黄色~淡黄褐色を呈し、周辺にそって隆起帯がある。表面をルーペ視するとき、細かいしわ及びへこみを認める。
本品はにおいがなく、味は緩和でわずかに油様である。
2) Benincasa cerifera forma emarginata に由来:扁平な卵形~楕円形を呈し、長さ9 ~ 12 mm、幅5 ~ 6 mm、厚さ約2 mm、へその付近は1)と同様であるが、表面は淡灰黄色を呈し、平滑で、周辺には隆起帯がない。
本品はにおいがなく、味は緩和でわずかに油様である。
成分 脂肪酸:oleic acid, linoleic acid
アルカロイド類:trigonelline
アミノ酸:adenine, histidine
その他:タンパク質、安息香酸配糖体など
選品 辺縁が肥厚し、色の白い、新しいものが良い。
適応 漢方処方用薬:消炎・鎮咳・去痰・排膿作用があり、咳嗽、肺や腸などの化膿性疾患に使用する薬方に配合される。
漢方
処方例

大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)
構成生薬のうち、冬瓜子・牡丹皮の組み合わせにより、右下腹部の痛みを改善する。

貯法 密閉容器
備考 冬瓜(トウガ)とも呼ばれ、果実や皮には利水・消腫の効能があるとされる。

情報更新日 2018/04/26

▲このページの最上部へ