公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

新常用和漢薬集

名称
セッコウ (石膏)
第十七改正日本薬局方 収載
英名 Gypsum 生薬ラテン名 GYPSUM FIBROSUM
セッコウ
生薬名:セッコウ

基原 天然の含水硫酸カルシウムで、組成はほぼCaSO4・2H2O である。
調製 採取後、他の石や土砂を取り除く。
産地 中国(甘粛、湖北、湖南、山東、四川省など)
性状 光沢のある白色の重い繊維状結晶塊で、砕くと容易に針状~微細結晶性の粉末となる。
におい及び味がない。
水に溶けにくい。
成分 硫酸カルシウム二水和物(CaSO4・2H2O)
選品 色が白く清らかで、繊維状に結晶がみられる水晶のようなものが良い。砕けやすいものを良品とする。
適応 止渇・解熱・鎮静・鎮痙・利尿作用があり、肌のほてり、炎症を取り除き、止痛・発斑・発疹・口内炎などを改善する薬方に配合する。
漢方
処方例

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう) 大青竜湯(だいせいりゅうとう) 越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)
構成生薬のうち、石膏、麻黄の組み合わせにより、呼吸促拍・喘息・熱性疾患による高熱、熱感を改善する。

白虎湯(びゃっことう) 白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)
構成生薬のうち、石膏、知母の組み合わせにより、口渇、煩躁、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹を治療する。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
構成生薬のうち、石膏、大黄の組み合わせにより、腸内の炎症を鎮め乾燥性の便秘を改善する。

釣藤散(ちょうとうさん)
構成生薬のうち、石膏、釣藤鉤の組み合わせにより、清熱し、血圧を下げる。

消風散(しょうふうさん)
構成生薬のうち、石膏、苦参、蝉退の組み合わせにより、アトピー性皮膚炎でかゆみを改善する。

貯法 密閉容器
備考 セッコウを加熱し脱水したものが「焼(ショウ)セッコウ」であり、ほぼCaSO4・1/2H2O の組成を有し、日本薬局方に収載されている。

情報更新日 2019/05/09

▲このページの最上部へ