公益社団法人東京生薬協会公益社団法人東京生薬協会

【新着情報・ご案内】

東京都薬用植物園 ケシの開花状況【2020/05/02現在】

2020.05.02(土) 掲載

2020年(令和2年) ケシ開花状況の掲載について
既にご案内のとおり、東京都薬用植物園は臨時休園中です。
休園期間が延びている現状に鑑み、ネット上で、ケシ・アサ試験区におけるケシ属植物等の開花状況をご紹介いたします。

ケシ・アサ試験区の状況(5月02日)

ケシ・アサ試験区の状況(5/2)

手前の開花はアツミゲシ(セチゲルム種)で、その奥がケシ(ソムニフェルム種)です。


ケシ(ソムニフェルム種) *あへん法により栽培禁止

ソムニフェルム種(一貫種)

白い花の一貫種が本日(5/2)初開花です。


ソムニフェルム種(インド種)

特徴的な配色のインド種。4月22日初開花で、早くも開花の最盛期に入ってきました。
このほか、紫色の花を咲かせるトルコ種は4月26日に初開花、ソムニフェルム種の園芸種、桃紫色八重咲きが4月30日に初開花しました。
(注:園芸種も我が国の法律により栽培禁止です。)


アツミゲシ(セチゲルム種) *あへん法により栽培禁止

アツミゲシ(紫色系)

アツミゲシ(赤色系)


今シーズンのアツミゲシは開花が早く、4月10日ころより咲いています。紫色・赤色の系統どちらも開花の最盛期に入っています。
ハカマオニゲシ(ブラクテアツム種) *麻薬及び向精神薬取締法により栽培禁止

ハカマオニゲシの蕾

まだ開花前で蕾の状態です。蕾のすぐ下には、特徴的な苞葉がみられます。

▲このページの最上部へ